導入例
選挙事務所

SENKYO

選挙事務所

トレーラーハウスの選挙事務所なら『違反なし』で設置可能
選挙の期間中に使用する「仮設選挙事務所」をプレハブで建築する場合は、建築基準法に基づく「建築確認」が必要です。建築確認がないものは、違法となります。車検付トレーラーハウスなら自動車としての取り扱いになり、余計な手続きが不要でコンプライアンスも遵守して利用することが可能です。

トレーラーハウスを使用するメリット

POINT 1
どこにでも設置できます

弊社のトレーラーハウス(ナンバー付)は、車両が入れる場所であればどこにでも設置が可能です。

POINT 2
設置当日から利用可能

トレーラーハウスの設置は15分で完了します。あらかじめ備品類をお手配頂ければ、設置当日から選挙準備にとりかかれます。

POINT 3
レンタル料は経費で処理

レンタル代金は、経費として会計処理ができます。 固定資産税、管理費用で処理できるので、コスト管理が容易になります。

POINT 4
建築制限なし

プレハブ建築に必要な建築確認申請は、不要です。余計な時間と費用をかけずにスピーディーに展開することができます。

オプション・外装ラッピング

候補者のイメージカラーをデザインして、外装ラッピングすることができます。選挙にカラー戦略を導入して、他の候補者と差別化をすることも可能です。

ラッピングオプション内容(例) ・外壁ラッピング
・サイン
・照明器具

活用例ギャラリー

様々な選挙事務所で活用されています